2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

1年が経った

東日本大震災から1年が経った。

今日、石巻や女川、南三陸に視察に行った。

» 続きを読む

雪まみれのアザラシ

Yukimamireazarashi

» 続きを読む

家族

実家に電話したら

父親の一言目「あー、○○(名前)か。元気かい?風邪ひいていない?」
     二言目「天気はどう?寒くない?」

                      

» 続きを読む

人事異動

   
このセンターでゼロから教わったの。
  
  
電話の出方も、窓口業務も、朱肉とシャチハタの使い分けも、コピー機でFAXできることも、郵便の送り状の書き方も、用語も、交換便も、出勤の仕方も、起案も、契約も、検品も、支払いも、予算管理も、施設管理の心得も。  
  
 
   

» 続きを読む

おばさんへ

あの日、私がお手洗いに入っていたのに、
レンタサイクルの管理人のおばさんに、電気を消されてしまいました。

窓もないトイレだったので、真っ暗になってしまいました。

私、お客さんだったのに・・・。

私がいることに、気づかなかったのでしょうか?
それとも、電気を消すのが習慣になっていたのでしょうか?

妙に悲しくなりました。

お客に全く気がつかないそんなタフなおばさんなんだから、
きっと大丈夫!

「また来て下さいね」と言ってくれたのだから、
きっと大丈夫!

また行きますから。必ず行きますから。

だから、そのときは、「あのときは大変だったのよ~」って笑ってください。

生きてた

大学で同じサークルだった人が、生きてた。

三陸の津波を生き延びてくれた。

メールを見た途端、やっと私も生きてる気がした。

一週間、長かったよ。

貞山運河

地震の後、東京にいる娘と連絡がつかない。
月曜日、何とか繋がった電話を娘の職場にかけると、
出勤していないと言う。

「そういえば、広瀬さんは週末に仙台に行くと言っていました。」
職場の一人が答える。

ありえたけれど、起きなかった。
だからこうして生きている。

たまたま2週間前に地震が起きなかったから。
たまたま仙台に遊びに行くのを前倒しにしたから。

あの日、私は広い砂浜と透き通った海にはしゃぎ、
松林をくぐって貞山運河にてサイクリングした。

あの日みた風景
貝殻がたくさん落ちている白い砂浜。ちょっとだけ空き缶や花火も落ちている。
夏の海の家のためにか、空っぽの砂浜にも電信柱があった。
テトラポットの合間を抜ける波が複雑に打ち寄せる。
少々荒々しくも、心休まる波の音。予想以上に上ってくる波が楽しい。
あっという間に砂に埋もれる足跡。
後ろ向きに歩いて、足跡が突然消えるトリックを作ったり。風が強い。寒さで耳が痛い。

しんと静まり返った松林。運河には鳥が休憩している。誰かが木に引っ掛けたオレンジ色のルアー。水面に映った青い空。
運河が庭のように家の脇にあり、マイカーのように小船がある。たぶん神事のための竹が飾ってある。

まっすぐに伸びた七北田川。
背の高い枯れ草の影にひっそりと住む人の気配。

広々とした田んぼ。食の王国。穏やかな泥の匂い。
農道をトラックが走る。学生も自転車をこいでいる。海と平行して、遠くに一本道路が走る。田んぼの近くで、別のサイクリングを楽しむ人がお弁当を食べている。

老人ホーム、小学校、バス路線沿線の住宅地、歩道をあるくのもちょっと怖いほどのスピードで走り抜ける車。

木の床に、大きな窓ガラスに、心地よい陽だまりがあるレンタサイクル場。
音楽が流れている-「Be As One」。
貞山運河の歴史や、近くの公園のイベント様子の写真、航空写真、新聞・・・そんなプレートが飾ってある。歴史ある貞山運河。

散歩する人、凧揚げする親子、遊具で遊ぶ子供、休憩している運転手さん、乗馬を楽しむ人、野球をする少年野球のチーム、「また来てくださいね」と言ってくれたレンタサイクルの管理人さん。

あの日みた風景。
あの日みた穏やかな風景が、今は突き刺さる。

今日のこと、この先のこと

不満があるわけではない。
ただ不安がある。

もうすぐ年度末だ。
納期に間に合わない。

片道2時間半の通勤。
体はもつだろうか?

帰りにスーパーに行くと、
パンはなく、米もなく、スパッゲティもない。
水もなく、お茶もなく、牛乳もない。
納豆も豆腐もない。

被災地を思うと、自分の悩みの小ささに飽きれる。
家族だって無事だ。
でも、辛いものは辛い。不安なものは不安だ。
こんな自分が浅ましい。

唯一、良い事がある。
今年の夜桜は、計画停電や節電で、きっと静かになるだろう。
わずかな街灯に照らされて、きっと懐かしい故郷の雪景色に見えるだろう。

今更だけれど、なぜ恋するんだろう。

今更過ぎて、4年以上の付き合ってる彼に申し訳ないけれど
なぜ、好きになったんだろう。

どこが好きかは分かるけれど、どうして好きになったんだろう。

好きだから、恋するの?
一人でいるより、ずっといい。だから恋するの?
てか、恋って何なんだろう?

どきどきが減って、穏やかな気持ちになっても、まだ恋なの?

なんて、今更の思春期。

にくい

毛嫌いしている人の良いところを見つけると、
なんとなく、憎く思えることがある。

それが続くと、「憎い」と言いつつ、尊敬とか感服を感じてくる。
いつの間にか、「憎い」が褒め言葉になる。

全く、遠藤周作は、私にとってそんな奴だ。

母なるもの (新潮文庫) 母なるもの (新潮文庫)

著者:遠藤 周作
販売元:新潮社

全く、偉大な作家に「憎い」なんて、私も不遜な奴だな。

«屋形船

読んでる?積んでる?

  • 広瀬の本棚
    広瀬の最近読んだ本

BlobPet

  • BlobPet